熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

むし歯を予防するためにはどのような食事、おやつの食べ方が良いですか?


 むし歯は口腔内のむし歯菌が作り出す酸によって発症します。そしてむし歯菌の活動の基は糖です。つまり口の中に頻繁に、あるいは長時間糖が存在すればそれだけむし歯菌の活動が活発になりむし歯が出来やすくなります。
 たとえば、おやつを与えるときもダラダラと食べさせず、けじめをつけて与えることが大切です。子供が一度に食べきれないお菓子を箱ごと与えたり、飲みきれないジュースの缶を持たせたりするのは最もよくありません。同じ甘い物でも短時間でまとめて食べ、すぐお茶でも飲んでおけば(もちろん歯を磨くのが理想ですが)はるかにむし歯になりにくくなります。一日のうちの食物の摂取回数が多いほど口の中はむし歯が出来やすい状態になる事を覚えておきましょう。子供の生活リズムを大切に、けじめのついた生活をし、よく遊び、出来るだけ空腹の状態で食事が美味しく食べれるようにしましょう。たくさんの食事を美味しく食べればおやつは自然と少なくなります。

正しい食生活について

歯の豆知識トップへ戻る