熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

子どものむし歯は放っておいては、いけないのでしょうか。

 乳歯はどうせ生えかわるのだから、放っておいてもよいのではないかという質問かと思います。乳歯はいずれ永久歯と生えかわるものではありますが、発育期の子どもにとっては食物の消化吸収のためにも、また顎の発育のため、あるいは正しい発音を覚えるためにも、できるだけむし歯をつくらず、その機能が十分発揮されるような、健康な状態に保つ努力がなされるべきです。
 乳歯のむし歯は、自覚症状は比較的少ないのですが、進行がきわめて速いために、放っておくとどの歯もいわゆるみそっ歯になってしまいます。あまりひどい状態で放っておきますと、子どもの発育にも悪い影響を与える可能性があるだけではなく、化膿性のむし歯は子どもの体にも悪い結果を起こすことがあります。また歯科的には、将来の咬み合わせなどに影響を与えることも考えられます。
 永久歯との交換期までは、むし歯をつくらないようにすることが望ましいのですが、できてしまったならば、それ以上むし歯が大きくならないように、またそれ以上むし歯が増えないようにする努力がなされるべきでしょう。むし歯の抑制に対しては、フッ素の応用をはじめとして、いろいろな処置が考えられていますが、最も大切なことは、いつも口の中(とくに歯のまわり)が汚れないように注意することです。つまり、むし歯を抑えるうえで大切なことは、特別な処置を受けることではなく、日常生活の中で、常にむし歯に対応する心がまえと注意とをもっているということです。

むし歯について

歯の豆知識トップへ戻る