熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

フッ素って何?

フッ素とは、歯牙の発育期に摂取したり、萌出後の歯に局所的応用することでむし歯を予防する天然の元素です。
フッ素は地球の地殻で17番目に多い元素です。フッ素はフッ素化合物として他の元素と結合した形として存在し、岩や土壌のミネラル成分の一つであり、土壌中のフッ素濃度は最大300ppmという比較的高い値を示します。また、地表に降った雨水が土壌や岩石を通過する時に、フッ素イオンが溶け込みますので、河川には0.1〜0.2ppm、海水には約1.3ppmのフッ素イオンが存在します。
 さらに海産物や農作物にも様々な濃度のフッ素が含まれており、私たちは毎日の食生活の中でフッ素を取り込んでいます。

フッ化物の利用について

歯の豆知識トップへ戻る