熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

要介護者の口腔ケアで、何に注意すればよいですか?

 口腔ケアの重要性を理解し、本人と家族、介護者が協力する事が必要です。
 そのために要介護者の全身とお口の状態を把握し、何が必要か、どこを変えるべきかを考えましょう。
 要介護者がお口のトラブルを訴える時はもちろんですが、何の訴えが無くても問題を抱えている事も多いものです。下の写真の方も、治療とケアによってお口はもちろんの事、表情や生きる気持ちまで変わったのが見うけられます。(下の写真)
 少しでも何かを感じたら、通院できればもちろんの事、通院ができない場合もかかりつけの歯科医師に相談しましょう。往診による訪問歯科治療も可能です。
 介護保険の利用も有効です。保険の給付限度額と関係なく利用できます。



ぐらついた歯のために充分な食事もできず、噛む事さえ忘れていましたが、歯科治療と口腔ケアによって体力と気力がつき、立ち上がることもできるようになり、生活が大きく変わりました。


要介護者の口腔ケアについて

歯の豆知識トップへ戻る