熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

安全にうがいを行うためにはどうすれば良いですか?

 うがいは歯みがきの補助になるだけでなく、口腔周囲の筋肉のリハビリにも役立ちます。
 上体を起こしてうがいをするのが基本ですが、困難な方も多いものです。誤嚥に注意しましょう。


自分でうがいができる場合(洗口)

  1. 吸飲みやストローの先端を口角から入れ、うがい水を静かに含ませる。(誤嚥を防ぐために1回20~30ml)
  2. できるだけ口腔全体に行きわたるようにすすがせる。
  3. ガーグルベースを頬に密着させ、水を出させる。
  4. 一回ごとに頬をタオルで拭いて、数回繰りかえす。
  5. うがいの後は咳払いを2~3回させて咽頭部の残留水を除去し、むせや誤嚥を防止する。


自分でうがいができない場合(洗浄)

  1. 顔を手前に向けガーグルベースを頬に当てる。
  2. 吸引器のカテーテルを口腔内へ頬に沿って約5cm挿入する。
  3. 注射筒などに15~20ccのぬるま湯を入れて口腔内に行きわたらせ、柔らかい小さな歯ブラシなどで洗い流す。

注意1)吸引を併用して誤嚥がないようにする。

注意2)嚥下障害や意識障害が強く、気道確保ができない場合は実施しない。



口腔清拭

お口の中に傷がある場合や、洗口ができない場合食事の前や後に、巻綿子やスポンジブラシ、ガーゼで口の中を拭き取ることです。

  1. 左図の矢印の方向へガーゼなどで除去していく。(誤嚥を防ぐために、奥から前へ清拭する)
  2. 舌や口蓋も清拭することにより清涼感が増して口臭予防に役立つ。
  3. 清拭液はデンタルリンス(液体ハミガキ)を使用すると爽快感が得られる。その他、イソジンガーグル液やお茶なども効果的。

注)清拭だけでは歯垢の除去は十分とはいえない。可能な限り歯みがきすることが望ましい。



要介護者の口腔ケアについて

歯の豆知識トップへ戻る