熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

義歯(入れ歯)の管理はどのようにしますか?

 義歯は最も身近な食器です。食事の前や後にははずして流水下で歯ブラシや義歯用ブラシを使って汚れを洗い流します。
目に見えない汚れには義歯洗浄剤も良いでしょう。はずした義歯は乾燥させないように清潔な水(熱湯はやめてください)につけておきましょう。


義歯を取り外す前に口腔内の観察をしましょう。
片麻痺がある場合、特に麻痺側に食べかすが残りやすく、いきなり外すと誤嚥の可能性があります。外す前に食べかすを除去しておきます。
流水下でブラシを使い義歯を洗いましょう。
ブラシを使い、汚れを落します。歯磨剤は使わないで下さい。義歯がすりへり、あわなくなります。落すと割れてしまいます。水を入れた洗面器で受けながら清掃してください。
残っている歯、口腔粘膜の清掃をしましょう。
歯と歯肉を歯ブラシを使い磨きます。磨き終わったらうがいをして汚れを吐き出します。うがいができない場合は拭き取ります。
一日一度、義歯洗浄剤につけるようにしましょう。
義歯洗浄剤につけることで殺菌効果が得られます。睡眠中など外している時に使用します。使用後は良く水洗いして装着します。

 基本的には毎食後、特に一日一度は丁寧に清掃しましょう。美味しい食事のためには食前の清掃も良いでしょう。


義歯安定剤の使用はどうでしょうか?

義歯の安定が悪い時に義歯安定剤を使用するのも良いですが、あくまで歯科受診までの応急処置と考えてください。義歯安定剤(特にクッション型)に頼っていると、噛み合わせの狂いや顎の骨の変形を起こす事があります。また不潔になったままだとカンジダ菌(カビの一種)による歯肉の炎症を起こし易くなります。


要介護者の口腔ケアについて

歯の豆知識トップへ戻る