熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

事故で歯が抜けた(ぐらぐらする)んですけど。

歯全体が抜け落ちた場合、一刻も早く抜けた歯を持って歯科医院に行かれて下さい。再植という方法でもう一度生かせるチャンスがあるからです。
その際の注意事項を下記に列挙いたします。

(1)抜けてから骨に戻すまでの時間が、30分以内であれば、再植の成功率がかなり高いものとなります。
一刻も早く歯科医院へかけ込んで下さい。

(2)抜けた歯は、冷蔵庫で冷やした位の温度の牛乳にひたし乾燥を防いで下さい。(ない場合は水でもOK!)

(3)歯の根の部分に、血液と一緒に赤い組織が付いている場合があります。
これは歯根膜といい、再植の成功において重要な役割を果たします。 だからその部分を洗いながしたりせず、口の中にでている部分をもって、決して歯の根の部分を触らないようにして下さい。

歯がぐらぐら動く様な状態は不完全脱臼とよばれます。これも、歯が抜け落ちた場合と同じくできるだけ早く、元の位置に歯を戻し、固定を行い、歯を安静に保つことで元の状態に回復させることができます。 一般には3週〜6週程固定を行い経過を観察します。ただし、時間が長く経過した場合や、根や歯根膜にダメージが大きいと、神経が死んでしまいますので、その際には神経の治療が必要となります。

その他Q&A

歯の豆知識トップへ戻る