熊本県歯科医師会ホーム > 歯の豆知識

マウスガードってどんなものですか?

マウスガードとは野球の捕手がプロテクターを身に付けるように、歯牙の表面(主に上顎)に装着する軟質プラスチックでつくられたプロテクターです。

マウスガードの目的は?
(1)直接的外力から歯を保護する。
(2)口唇、舌、頬の損傷を防止する。
(3)衝撃力から顎(あご)の関節を保護する。
(4)顎関節および歯列を介して脳への衝撃による脳震盪や、より深刻な脳へのダメージを防ぐ。
以上のような効果、目的があります。

マウスガードの種類は?
マウスガードには、(1)選手自身がスポーツ用品店などで購入する市販のものと、(2)歯科医師によって個々の競技者や選手に製作されるカスタムメイドのものがあります。市販のものは経済的であり、入手が容易である利点がある一方で、選手自身による適切な調整が困難であることに加えて、適合性や形態が不完全となりやすいためその使用感が極めて劣る場合があります。
カスタムメイドのマウスガードは直接歯科医師によって作製されるので、各個人に最も適したものとなります。特に受傷率の高いコンタクトスポーツ(ラグビー、サッカー、バスケットボールなど)においては、マウスガードの装着率を向上させ、顎口腔系の受傷率を低下させるためにも適合性や装着感の優れたカスタムメイドの普及が望まれます。

マウスガード装着例 実際のマウスガード(各色あります)

その他Q&A

歯の豆知識トップへ戻る