熊本県歯科医師会ホーム > 本会について

沿革・あゆみ

沿革

熊本県歯科医師会は平成19年度で創立100周年を迎えます。
熊本県歯科医師会は県民の皆様のお口の健康をお守りするため、或いは県下会員の歯科医師の診療のサポートのためにさまざまな活動を行っております。
ここでは、この長い本会の歴史の一端をご紹介を致します。

本会の前身

1882年(明治25年) 熊本県歯科同盟会の創立・・・歯科医師の親睦と業権の確立を目的に有志で結成。
1902年(明治35年) 熊本県歯科医会と改称

本会のあゆみ

1907年(明治40年)6月12日 熊本県歯科医師会 設立認可
(明治39年に制定された歯科医師法の歯科医師会規則施行細則に従って県知事へ申請・認可)
1928年(昭和3年) 「ムシ歯予防デー」(「歯の衛生週間」前身)
毎年6月4日をムシ歯予防デーとし口腔衛生普及運動を開始
1947年(昭和22年)11月 熊本県歯科医師会設立代議員会…戦前の旧体制を解散し、戦後の新生歯科医師会が発足。
1951年(昭和26年)5月 熊本県歯科医師会館の竣工〔当時の所在地…熊本市楠町68〕
1954年(昭和29年)4月 機関誌「熊歯会報」創刊
1964年(昭和39年)5月 熊本県歯科医師会館を現在地〔熊本市中央区坪井2-3-6〕へ移転
熊本歯科衛生士学院の設立
1975年(昭和50年)2月 口腔保健センターの新設、熊本歯科衛生士専門学院増設
1988年(昭和63年) 熊本県歯科医師会80周年
1997年(平成9年)3月 分館(熊本歯科衛生士専門学院、口腔保健センター)竣工
1998年(平成10年) 熊本県歯科医師会館増築
熊本県歯科医師会90周年
2006年(平成18年)6月 新熊本県歯科医師会館竣工